スケール除去は堆積する前に行うのが良い

「スケール」とは、水の中に含まれるカルシウムやマグネシウムなどのミネラル分が長い時間を掛けて配管内や設備機器に堆積し固着した物質の事を言います。

スケール除去は支持されています。

スケールが固着してしまう事で、いろいろな問題が出てきます。

具体的には、配管の内径が狭くなってしまう事による水の流れにくさが出てきます。
その結果、冷温水ポンプなどに負荷が掛かってしまい故障の原因や電気料金の増加につながってしまうのです。

また、工場などの冷房の際に使われているクーリングタワー(冷却塔)にはてき面に悪影響が出てしまいます。

クーリングタワー(冷却塔)は温まってしまった水を何層にもなっている充填剤に通すことで熱交換を行い水を冷やす作業を行っています。

この充填剤にスケールが固着してしまう事で、冷却効果が弱ってしまうのです。肥厚したスケールは非常に硬いため、早い段階でスケール除去を行うのが、配管や設備機器の寿命を長くするポイントとなってきます。スケール除去には専用の剥離剤が有効です。



薬品を投入する事により、化学反応が起きて剥がれやすくするのです。薬品を用いますので、最終的には高圧洗浄機などを用いて配管や設備機器を洗浄して終了となります。
家庭でシンクや蛇口が白っぽくくすんでしまうのも一種のスケールです。

家庭で工業用の薬品を使う訳には行きませんので、家庭用クレンザーや重曹、酢などを用いて磨くと割と綺麗にする事ができます。



無理にブラシなどでスケール除去を行なおうとすると、キズをつけてしまう原因になる為注意が必要です。